GetMessage

2018/12/20

GetMessageは、ウィンドウメッセージを取得するWindowsAPI・・・。

GetMessage 関数

この関数には、ウィンドウメッセージ情報を持つMSG構造体変数のアドレスを渡しておく・・・。
ウィンドウメッセージは、ウィンドウ上で起きたイベントの内容を通知するもので、
基本的には、メッセージループのところぐらいしか使わない・・・。
メッセージループで使うときは、ウィンドウハンドルのところはNULLでいい・・・。
また、後ろ2つの引数も0ですべてのメッセージが受け取れるのでそれでいい・・・。

で何をするかというと、ShowWindowでウィンドウを表示した後、GetMessageでウィンドウメッセージを取得してみる・・・。

MSG構造体変数msgを用意・・・。
また、数値を文字列出力するので、TCHAR文字配列tszMsgを用意している・・・。

ウィンドウを作成し、

表示・・・。

でGetMessageでウィンドウメッセージ取得・・・。

MSG構造体のmessage要素にメッセージ番号があるので、MessageBoxで表示・・・。

実行すると、

f:id:BG1:20150306152159p:plain

メッセージ番号が表示された・・・。
それにしても、この番号よくわからない・・・。
調べてみると・・・。

0x31f = WM_DWMNCRENDERINGCHANGED

結局、わからない・・・。
まあ、ウィンドウ作成時には常にたくさんのウィンドウメッセージが飛んでいるので、
この辺の難しいメッセージは無視していい・・・。

とにかくメッセージを取得できたということが重要なのである・・・。

Sample/GetMessage.cpp at master · bg1bgst333/Sample · GitHub